グレートブリテン島とアイルランド島の間に位置するマン島経済開発省のフィンテック、デジタル開発部門責任者Brian Donegan氏はCoinDeskによるインタビューでブリティッシュクラウンとの関係性からマネーロンダリング対策やKYC規制に準拠したトークンセールを可能にできるという考えを明らかにした。

マン島政府は正式発表していないが、フレームワーク自体は2014-15年に実施されたマネーロンダリング対策に基づいているとDonegan氏は述べている。マン島でICOを開始しようとする企業は、関係当局に登録し、該当する規則に従うことが求められる。つまり、公務員は、トークン販売プロセスを経て企業を支援する役割を果たす。





おすすめ記事

bitcoin-2057405_640


厳選人気記事

コイン相場 for ビットコイン、仮想通貨、ICOトークン

【リリース3週目で8万ダウンロード突破!!】
・iPhoneウィジェットに加えてApple Watchも対応!
・Touch ID / Face IDによる安全を確保、Coincheck、BitFlyer、Zaifの各取引所のアカウントがあればアプリ内から直接取引可能

Google Play で手に入れよう

おすすめ記事