ブルームバーグはウォールストリートの企業が暗号通貨の価格が下落したことにより業界への参入計画を延期していると記事にした。

大手ゴールドマンサックスの暗号通貨ビジネスは進捗が遅すぎるとしている。さらに非デリバティブファンドは20社の顧客しか集まっていないとしている。

今年9月には、ゴールドマンサックスが暗号通貨取引デスクの開設計画を打ち切るという報道が出て以来ビットコインが暴落した。その後その情報はフェイクニュースであると否定した。また、ビットコインを利用し銀行間の資金を移動させるクロスボーダー決済プラットフォームである「Veem」へ、ゴールドマン・サックスは自身の率いる調達ラウンドで2500万ドルを投資している。

eca1711170500002-p1


おすすめ記事

記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事