日本では9月に金融庁から認可を受けた取扱業者が誕生した。認可の有無に限らず多くのユーザーに使ってもらう為に仮想通貨の各取引所はAPIを公開している。これはFXの取引所も公開しているところが多い。

というものだ。

このうち、後者は「自動売買」であることが多い。仮想通貨業界を見ても「アービトラージ」や「高速売買」などのツールを販売しているところは多く、これらのほとんどは取引所のAPIを使っていると思われる。

おすすめ記事

c626caf4.jpg
記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事