先日、国税庁が公式ホームページにて仮想通貨の税金について追加明記した。

仮想通貨の税金は、基本的には「事業所得」と認められない場合は「雑所得」となる。ほとんどのユーザーは事業所得などとは認められないだろう。よって「雑所得」と考えた方が良い。雑所得というのは20万円以下は申告不要だが、その他の雑所得の対象と合算が必要であるがゆえに20万という措置はあまり意味のないものと言える。また今年の価格上昇率を考えれば20万円を超える人がほとんどだろう。雑所得はMAXで55%の税率にもなりうることから利益の半分以上を持っていかれることになる。利益が出たからと言ってすぐに使うのは控えなければならない。

おすすめ記事

ff2ad0ba.jpg
記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事