ブエノスアイレスの米大手コーヒーチェーン「スターバックス」でWiFiに接続した顧客のラップトップがMoneroのマイニングを行うために使用されていると報告された。これは12月2日にTwitterユーザーネームNoah Dinkinによりレポートされている。

スターバックスのWiFiが異常なコードでハッキングされ編集されていることを示すスクリーンショットを掲載した。彼はこのコードは、Wi-Fiプロバイダがコンピュータの処理能力を使ってビットコインをマイニングできるようにしたと主張している。

おすすめ記事

logo
記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事