先日、韓国政府はビットコインなどの暗号通貨取引の過熱から、各取引に対してマネーロンダリング防止を目的としたKYCの強化を要請した。これにより一時新規口座の開設は中断されKYCの完了していないアカウントは取引停止となる。

これに続き、米国の暗号通貨取引所Poloniexは新規アカウント開設時と同様のKYCを完了させなければ、存在するすべてのアカウントを無効にすると発表した。ID提出のデッドラインは2018年の第一四半期となる予定だ。マージンポジションには、8週間の猶予期間が設けられる。

おすすめ記事

9705ee1c.jpg

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事