セキュリティ会社TrendMicroは、グーグルのダブルクリック広告サービスが、ヨーロッパやアジアのユーザーに暗号通貨のマイニングマルウェアを送りつけるために使用されたというレポートを発表した。

CoinHiveと呼ばれるJavaScriptプログラムがウェブサイトのバックグラウンドで動作しモネロをマイニングする仕組みである。これはユーザーの同意などなしに動作される。以前、スターバックスのWiFiがハックされ顧客のラップトップでモネロのマイニングを行ったという報告の際も同様のプログラムが動作している。


logo


参照元サイトの記事へ

おすすめ記事

厳選人気記事

コイン相場 for ビットコイン、仮想通貨、ICOトークン

【リリース3週目で8万ダウンロード突破!!】
・iPhoneウィジェットに加えてApple Watchも対応!
・Touch ID / Face IDによる安全を確保、Coincheck、BitFlyer、Zaifの各取引所のアカウントがあればアプリ内から直接取引可能

Google Play で手に入れよう

おすすめ記事