リップルは本日、4つの異なる国の5つの銀行、送金機関との新たな提携を発表した。

ブラジルのItaúUnibanco、インドのIndusInd、シンガポールのInstaReM、ブラジルのBeetech、カナダのZip Remitは、リアルタイムインターナショナル決済を容易に可能にするため、リップルプラットフォームを採用する予定だ。

IndexInd、InstaReM、ItaúUnibancoは、リアルタイムの国際取引にxCurrentを使用する予定である。BeetechとZip RemitはリップルのxViaを使用して個々の顧客を対象とした国際決済を促進する予定だ。

no title

おすすめ記事

記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事