ビットコイン価格は2017年末から2018年第一四半期にかけて大きな暴落と回復を繰り返している。規制当局による圧力や広告プラットフォームによる暗号通貨関連広告の禁止などが発表されるたびに価格にも影響をもたらしてきた。

CNBCのブライアン・ケリー氏は、第二四半期のビットコイン価格の原動力を概説した。

米国では4月15日がタックスシーズンの終わりを迎える。12月のビットコイン価格の上昇で利益を得た投資家は、税金を支払う必要があり、3月のビットコイン価格の売り圧力を説明することができる。ケリー氏は、3月に起こった「税金関連の売却」は1週間程度で終了すると指摘した。また、ケリー氏は、20億ドルを調達したテレグラムICOがビットコインへの投資を引き離している可能性があると指摘した。

bitcoin


おすすめ記事

記事が面白かったら1VIPSを送る!

厳選人気記事

ビットコイン トレードグランプリ

おすすめ記事